/

ショパン:夜想曲 第6番 ト短調 作品15-3

パブリックドメイン
  • クラシック
  • 9回 再生

ショパンのノクターンの中ではあまり目立たない存在であり、ノクターン全集のCD等以外、単独で取り上げられことの少ない曲だと思われます。

二部形式で作られており、第1部の主題は単純な伴奏の上に、ほとんど装飾的音形がない旋律が静かに奏されます。ただし和声は後半第2部に向けて複雑に変化していきます。
第2部はコラール風に和音がゆったりと奏でられます。後半コーダに向けて、スフォルツァンドとスタッカートでアクセントと変化をつけた部分が印象的です。

ノクターンと言うよりは、前奏曲とか幻想曲的な雰囲気を持っています。

  • 作曲: Chopin

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品