/

ショパン:夜想曲 第9番 ロ長調 作品32-1

パブリックドメイン
  • クラシック
  • 12回 再生

主旋律は素直で優しい感じがします。しかし所々に急に全休止が入るなど唐突なところもあります。

コーダも従来との脈絡がなく突然はじまり、ロ短調の和音(楽譜によっては長調になっているものもあるようです)で終わります。

どちらにしてもショパンの若々しさが感じられる曲で有名な第2番とも雰囲気が似ています。

第10番のノクターンと供にカミーユ・ド・ビルリング男爵夫人に献呈されました。

  • 作曲: Chopin

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品