/

スクリャービン:24の前奏曲 第21番 変ロ長調 作品11

パブリックドメイン
  • クラシック
  • 8回 再生

スクリャービンの24の前奏曲から最後に近い21番目 変ロ長調の曲です。
拍子が4分の3、4分の5、4分の6と絶えず変動していきますが、そのなか左手の分散和音に右手の単純な旋律が問いかけるように奏でられます。

豊かな響きと間を感じさせる曲です。

  • 作曲: Scriabin, Alexander

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品