/

フォーレ:舟歌 第1番 イ短調 作品26

パブリックドメイン
  • クラシック
  • 10回 再生

フォーレはピアノ独奏のための舟歌を13曲作曲していますが、その最初にあたる作品26のイ短調の曲です。
舟歌ですので8分の6拍子ですが、冒頭ちょっと重々しい低音部の旋律から始まり、9小節目から右手と左手の掛け合いで流れるようなパッセージに移行します。その後、冒頭の旋律が変奏の形で現れ中間部へと続いていきます。中間部は長調に転じ、いくらか速い速度でいかにも舟歌らしい旋律が歌われます。拍子は8分の6のままですが、主旋律は4分の3拍子を基調として流れます。旋律に和音を加えたクライマックスを経た後、徐々にディミヌエンドし、カンデンツァ風の細かい動きの後、短調の第三部へつながりますが、2番目のテーマから始まり、続く冒頭と同じテーマでは主旋律が1オクターブ上がり右手で奏されます。最後はゆったりしたアルペジオが数回繰り返され静かに曲を閉じます。

ショパンのような華やかさはありませんが、フォーレらしい味わいに満ちた曲です。

  • 作曲: Fauré, Gabriel

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品