/

プーランク:即興曲第2番 変イ長調

パブリックドメイン
  • クラシック
  • 12回 再生

モーツァルトを思わせるような擬古典的な始まり方をする曲ですが、すぐに近代的な和声が割り込んできます。そうして時代を行ったり来たりするように曲が流れ、最後は意味ありげにCの和音で曲が終わります。
プーランクのまた別の意味でのエスプリを感じさせる小品です。

  • 作曲: Poulenc

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品