/

アルベニス:スペイン組曲 第1集 第1曲「グラナダ」 作品47

パブリックドメイン
  • クラシック
  • 9回 再生

アルベニスのピアノのためのスペイン組曲 第1集の最初の曲 「グラナダ」です。

この曲もギター編曲版が有名ですね。グラナダは言わずと知れたスペインの都市の名、イスラム文化の遺産が色濃く残っていることで知られています(行ったことはありませんが・・・)。かの有名なアルハンブラ宮殿もグラナダにあります。

曲は、そんなイスラム教徒たちへの思いを馳せたエキゾチックな雰囲気を湛えています。右手で終始奏でられるアルペジオが一層効果を盛り上げています。

アルペジオは拍の頭から始めると、旋律がずれて聞こえてしまうので、1/4拍前に倒し、アルペジオの3番目の音が拍の頭と重なるようにしてみました。

また、50小節目と92小節目の3拍目の右手の音はこちらを参考にさせていただきEではなくEsにしました。

  • 作曲: Albeniz

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品