/

「待ち人 忍び人」 詞 yumej

オリジナル
  • 演歌
  • コラボ
  • 68回 再生

え~、演歌です。
yumej さんとは「うたってくれりゃんせ」に続き2作目となります。

演歌はけっこ好きですね。。
吉幾三さんが好きですね。。。
八代亜紀さんなんかも、渋い。。
氷川きよしさんは苦手ですね・・・(^_^;)(笑)

yumej さんの描く「和の世界」は大好きです。
今回はメロ先で作詞していただきました。
イメージどおりの詞で気に入っています。。

キーはなるべく高く設定しました。
が、、、いつも出る音域を越えてたかも。。やり直しが辛い・・・。
年代物のガットギターのコンディションが悪く、ハイポジになるほど音がずれます。。
少し?お聴き苦しいかもしれません。。_(_^_)_

日本人ならやっぱ演歌ですよね・・・。
昭和の演歌の世界をお楽しみください。。。。

ゴダン

「うたってくれりゃんせ」
http://musictrack.jp/index.php?pid=user&uid=14544&mod=sounds&snd=57368

  • 作詞: yumej
  • 作曲: Godin
  • 編曲: Godin
  • ボーカル: Godin
  • ミキシング: Godin

待ち人 忍び人 Vo.Godin  (曲先)

一、 窓に映る 面影ひとつ ふたつみっつと数える こうして 何年に なるかしら 待ち人 忍び人 忘れ...

一、
窓に映る 面影ひとつ ふたつみっつと数える
こうして 何年に なるかしら 待ち人 忍び人
忘れた日々など ないけれど 忘れてしまいたい日はあるわ
茨の道だから 血が滲むほどに
分かっているわ 悔いなどないわ

二、
抱かれた夜は 強い風が 鳴り響いていたわ
たった一夜のことだけど 手繰り寄せて 夢心地
一途な女と いうのでしょうか それとも未練が背中合わせ
大輪の花はいらない 一輪でいい
そっと 佇む花で いたいだけなの

三、
いっそこの世から 居なくなれば 苦しみなど知るまい
涙に濡れて 朝むかえ そして、日が暮れる
寄せては返す 望みでも 何もない人生より はるかにいい
きっと ふたつ並ぶ 日がくるわと 
小さな 喜びを 待ち続けています

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品