/

グラナドス:スペイン舞曲 第2番「オリエンタル」

パブリックドメイン
  • クラシック
  • 22回 再生

ギターの二重奏などで聴く機会の多い曲ですが、原曲のピアノ独奏バージョンです。
曲は三部形式で構成され、冒頭 常に上下する低音部の動きの上に高音でメロディが奏されます。雰囲気はオリエンタルと言うよりはむしろアラベスクのほうが近いかもしれませんが、ちょっと神秘的な世界に誘ってくれます。中間部は歌(カンテ)をイメージしたゆったりとした装飾音の多い旋律となっていおり、アルベニスの曲などにも見られるスペイン音楽の特徴となる部分です。最後は単純に第一部が繰り返され曲を閉じます。

元々ギターデュオ版でこの曲を知ったので、テンポはピアノとしてはちょっと遅めでギターでの演奏をイメージしたものとなっています。

  • 作曲: Granados, Enrique

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品