/

CATHERINE OF ARAGON/ヘンリー八世の六人の妻/RICK WAKEMAN

RICK WAKEMAN カバー
  • プログレッシブ
  • 55回 再生

この「アラゴンのキャサリン」は「ヘンリー八世の六人の妻」の中では一番好きな曲です。ほんとはイエスや他のメンバーも含めシンセ中心の曲ですがピアノのみでの演奏となってます。リック・ウェイクマンはイエスの「こわれもの」のアルバムからトニー・ケイに代わり参加。私はリック・ウェイクマンが入ってからイエスは好きになりました。1949年生まれのリック・ウェイクマンはロンドンの王立音楽アカデミーに入学。ピアノ専攻ですが第二選択楽器はクラリネットだったので、このアルバム「ヘンリー八世の六人の妻」ではクラリネットも吹いてるらしいです。

音友のあすなさんが音楽活動を止められるそうなので色々譜面を頂きました。ありがとうございました。
コピーはライヴ版「アラゴンのキャサリン」のようです。

※あすなさんから「コラボでなくUPして下さい」との事でしたので個人にて。

  • JASRAC: 0C0-7293-2
  • 原曲: CATHERINE OF ARAGON
  • アーティスト: RICK WAKEMAN

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品