/

ボロディン:弦楽四重奏曲第2番 ニ長調 第1楽章

パブリックドメイン
  • クラシック
  • 15回 再生

最近 お茶のTV CFで耳にするようになりました・・・。
一番最初にアップしたボロディンの「ノクターン」を含む弦楽四重奏曲の第一楽章です。
チェロから奏でられる伸びやかな第1主題の旋律がロシアの大平原を思わせ、「ノクターン」同様 心が和む曲です。

「ノクターン」と同時期に打ち込みを始めていたのですが、途中で長らく放置されていたのを、先のCFを聞いて思い出した次第です。

アーティキュレーションとかダイナミクスがかなりいい加減だったので、結局ほとんどデータを入力しなおすこととなりましたが、音量のバランスとダイナミクスは修正しきれていない感じです。

1stヴァイオリンの最高音はC♯7ですが、Miroslav PhilharmonikのヴァイオリンはC7までの音域しかありませので、サウンドフォントのaaviolin(triples)x-layerで1音だけパッチをあてました。

  • 作曲: Borodin

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品