/

友だちの詩

オリジナル
  • フォーク
  • 44回 再生

前作『春の風になって』で中学からの友人M君を紹介しましたが、

この曲は今年のゴールデンウィークに5年ぶりに高知に帰省していて、
久しぶりにはりまや橋周辺のホルモン屋で飲んだ高校の同級生K君に捧げて作った曲です。

人生50年過ぎると高校時代の記憶はもはや化石化しつつあり、なかには勝手に自分で記憶を書
き換えている部分を発見したりして、これまでにも何度も同じ想い出話をしてきているのに
微妙に違ってきていたりして大変に楽しい夜を過ごしました。

学生時代の友人はほとんど高知に帰ってきているのですが、K君はずっと大都会東京で頑張っています。
ずいぶん昔と変わったようで、話をしてみると実はあまり変わっていない。

そんな友だちっていいですよね。

  • 作詞: バンカース浜中
  • 作曲: バンカース浜中
  • 編曲: バンカース浜中

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品