/

珍 粕次郎

あじさい~長雨情歌

[一] あじさいの葉を叩く あじさいのはおたたく 長い雨はいつに止む ながいあめはいつにやむ てるて...

[一] 嵐の夜にその身を あらしのよるにそのみお 揺さぶられても ゆさぶられても 決して折れることの...

かなしみ川

[一] 都会に流れる川は とかいにながれるかわわ なぜに寂しい なぜにさびしい 忘れたはずのあのこと...

  • 演歌
  • コラボ

めおと二人三脚

[一] 惚れて 惚れて 惚れぬいて ほれて ほれて ほれぬいて 一緒になれた しあわせを いっしょに...

やさぐれ道中草日記

[一] 旅の恥はかき捨てと たびのはじわかきすてと 行けど行けど 行けども いけどいけどいけども 立...

潮騒の騒ぐ酒場にブルースの風が吹く

[一] 頬を打たれて ほおおうたれて 目が覚めるとき めがさめるとき 酒は涙に さけわなみだに 消え...

恋街エレジー

[一] 次はいつ逢えるのと つぎわいつあえるのと 問うときのあなたの無口が とうときのあなたのむくち...

ひかりの分身(わかれみ)

[一] 決して楽じゃ けっしてらくじゃ なかった子育て なかったこそだて 手塩にかけた てしおにかけ...

また来て東尋坊

[一] 一途に惚れた いちずにほれた 女のことを おんなのことお 心残りに こころのこりに 置き去り...

みにくい花

[一] 笑えども 振り向かず わらえどもふりむかず 泣けども 気にされず なけどもきにされず 怒って...

男の四面楚歌

[一] 海は命の洗濯場 うみわいのちのせんたくば 網は心の命綱 あみわこころのいのちずな 祈る大漁 ...

自己紹介

嫌いなアーティスト

ロックの人(演歌を聴きましょうよ)

藤あや子
伍代夏子
長山洋子
天童よしみ
水前寺清子
和田アキ子