/

keisyu

INTERVIEWS :

私はフリーのライターとして それはもうたくさんの人に インタビューを行ってきました 有名であるかで...

しばらくは雨がいい

“冷たい雨が降る日は どこにもいかなくていい” そんな言い訳ができて 部屋にこもっていられる 決め...

ファイヤー・ウォーター・プルーフ

雨の日は外に出たくない 天気が良くて暑すぎる日も また部屋で何の取り柄もなく 日が暮れるのを待って...

ディストラスト

嫌いな奴の一人や二人 誰にでもいるだろう 僕にも許せない奴がいる 一見良い人そうでいて 人を裏切る...

マーチヘア

暖かくなるにつれて 段々と気持ちははやるけれど 「洞穴」の中にいたから しばらくは練習が必要で き...

フォトグラフ

少しだけ前に進もうと そんな気持ちになれたから ずっと見ないようにしていた 君の写真 引き出しから...

ジェムソンの小屋

ジョニーはどこへ行った あの酒飲みのことだ 川のそばにあるという 「ジェムソンの小屋」じゃないか ...

虚空

今までやってきたことに 意味を見出だそうとしても それが全くないことに 気づかされてしまうだけだ ...

チャイム

オリジナル

アンチェインド

俺は自由な人間だ 縛られちゃいない (アンチェインド) 何も気にせずどこへでも 旅立てるのさ! (...

トゥ レイト

もう間に合わないと あきらめかけたことは 何度もあったけど ギリギリのところで なんとかなったりし...

Long Praying

“生まれながらにして 決まっているのかもしれない” 「いやそんなことない」 そう自分に言い聞かせて...

僕の場合は

今までにない考え方や 画期的な技術が 街に溢れてきていて 皆それに飛びつきのっかり 振り落とされな...

風流 -theme of hometown-

ずっと考えていたことは この閉鎖的な街を出て 一度も振り返ったりせず 自由に生きたいということ 知...

街灯 -theme of hometown-

今日もあの街には 明かりが灯ったのだろうか ぼんやりと優しい だいだい色が恋しくなる 砂だらけの故...

砂嵐 -theme of hometown-

砂漠の土地を旅していたとき ある紳士に出会った 砂嵐に遭遇してしまい 困惑していたら彼は わたしに...

空景 -theme of hometown-

異国の地の 空いっぱいに 空気を吸い込めば なぜだか我が 故郷の匂い あの“砂漠の街”が どうして...

落命

近頃うっかりが多くて 特に“置き忘れ”はひどいんだ スーパーに財布を置いてきて 家に帰ってから気づ...

夜警

実はここのところ密かに “幽体離脱”の練習をしている 午前2時に現れるあの 幽霊を警戒するためなん...

学校の階段

「神社に怪しい影が…」とか 「体育館では舞台幕が ひとりでに動いた…」だとか みんなうわさしている...

クールファンキーマン

おれはファンキーマン クールなファンキーマン 最高にファンキーマン (クールな!) クールに行こう...

  • ポップス

一体何が起きているんだ

新しい時代が動き出した それはとてつもない嵐のように 過去の全てを吹き飛ばし進む 取り残された人々...

自己紹介