/

keisyu

風流 -theme of hometown-

ずっと考えていたことは この閉鎖的な街を出て 一度も振り返ったりせず 自由に生きたいということ 知...

街灯 -theme of hometown-

今日もあの街には 明かりが灯ったのだろうか ぼんやりと優しい だいだい色が恋しくなる 砂だらけの故...

砂嵐 -theme of hometown-

砂漠の土地を旅していたとき ある紳士に出会った 砂嵐に遭遇してしまい 困惑していたら彼は わたしに...

空景 -theme of hometown-

異国の地の 空いっぱいに 空気を吸い込めば なぜだか我が 故郷の匂い あの“砂漠の街”が どうして...

落命

近頃うっかりが多くて 特に“置き忘れ”はひどいんだ スーパーに財布を置いてきて 家に帰ってから気づ...

夜警

実はここのところ密かに “幽体離脱”の練習をしている 午前2時に現れるあの 幽霊を警戒するためなん...

学校の階段

「神社に怪しい影が…」とか 「体育館では舞台幕が ひとりでに動いた…」だとか みんなうわさしている...

クールファンキーマン

おれはファンキーマン クールなファンキーマン 最高にファンキーマン (クールな!) クールに行こう...

  • ポップス

一体何が起きているんだ

新しい時代が動き出した それはとてつもない嵐のように 過去の全てを吹き飛ばし進む 取り残された人々...

曇天

心の天井を懸命に 青く塗り替えても 無駄だったのかな もやもやした気持ちがそのまま 立ち込めている...

ディスオーダー

今日は気分がすごく悪い ただ別にどこも異常はない 医者が“心の問題だ”と いろいろ薬を渡してきて ...

森林公園にて

“変わり続けなければ 生きていけない”と 焦りそしてもがく日々で ひとつ思い付いても いつもだめに...

八十八の夜

オリジナル
  • Jポップ

誰がどうなろうと

皆それぞれ自分のことで どうしようもなくなっている “我先に行く人を押しのけ 誰が転んでも知らん顔...

いつまでも覚えているから

いつだってそう僕は 春の光のように優しい あなたのその笑顔を 思い出すことができるんだよ 時が流れ...

悪魔の契約

“どこにも行けはしないし 何にもなれやしない” そんな言葉がまとわりついて まるで呪われたように ...

魔弾

錆びてしまった銃からは 何も発射できないのだろう 新しい弾をこめても 結局は無駄になるだけだよ そ...

プロムナード

散歩に出ると言って ずいぶんと暗い道を 私は歩いてきたものだ 自ら好むように ひっそりとしたところ...

シンフォニー #8

目まぐるしい日常を ずっと忘れて過ごしたいよ 限りない時間の中で あらゆる雑音になど 一切応えるこ...

邪悪な展覧会

世にも恐ろしい展覧会が 開かれていることを知っているか 私はそれを見てきたよ そもそも希望や福音な...

オーバー・タイム

新しい日々を期待していたのに すべて何も変わらない 歩いていく道もすれ違う人の 表情さえも同じさ ...

チャイム

もうすぐチャイムが鳴るから ほら戻る時間だって… いいかげんにしなくちゃ こんな暮らし続けていたっ...

自己紹介