/

世時

僕は君の名前を呼ぶから君は僕の名前を見つけて

幸せになるのは簡単さ あきらめればいいのさ 何か悪いことでもなし ひとまず今日はお酒飲んで煙草ふかし...

ときめきは風に舞って

こんな静かな夜一つ 捧げるハートの温度は今ひとつ 朝起きて絶望まで三十秒 それまでに一日の予定を立て...

シンガーの友達

シンガーの友達 吸い込まれる歌声 垢抜けたステージング いつまでも聞いていられるって思うけど そろそ...

きみにふれていたい

心の中に一つ思いがふわり浮かんで 大切にしたいのはきみだよって呟く さざめく春の日も 汗ばむ夏の日も...

この愛の歌を君はもう聞かない

コンビニしか開いていない朝早く ふと浮かんだ詩を頭の中で持て余す それでお昼にギター弾きながら メロ...

新しい愛の歌が流れて

もう冬も終わる頃 一人ぼっちにももう慣れて 溶け忘れてる雪に励ましの言葉を かけてみる そういえば去...

永遠へ溶けゆくこの思い

いつのまにか大人になった手のひらを見つめて この旅の終わりに思いを馳せる そして先にいなくなった父に...

憧れの

オリジナル
  • ポップス

明日は明日の

明日は明日の風が吹くって それはそうかもしれないけれど 僕は今日の風を 乗り越えられそうもない 止ま...

きみ、絶望の天使

消えない後悔ばかりが降り積もる夜 生まれてきたことが間違いではないか それとも傷つけるために あるい...

勝手にテレパシー☆

もしも明日僕が ひとりぼっちだったなら 仕事をやめて ご飯も食べず 寝タバコふかして 夢見がちに 口...

ありきたりな言葉

ありきたりな言葉では 伝えられないわけじゃない 僕だけに与えられる使命なんて きっとないんだろうけど...

存在を歌う

例えば僕がステージに立っているとして 人々に一体何を伝えられるだろう 人生が儚いとして 拙いギターで...

終わってしまいたいボクと始まりたがるキミ

いつもの電車 帰り道 少しだけ入れ替わる乗り合いの人達 夏は不安だよって思ってたら 結局冬も不安だっ...

あなたの光

あなたの光になりたいと こんな僕でも思うのさ 裏切り者と呼ばれても 成し遂げたい何かはきっと すぐそ...

もうきみはいない

もうきみはいない 二人ふざけあったベンチにも 今は違う恋人たち だけど泣かないよ 共に歩めない道だっ...

To the end of universe

オリジナル
  • ポップス

どれくらい泣けば 許されるのだろう どれくらい怒れば 満たされるのだろう 数え切れない過ちを 夜空の...

3月を君に返して

3月を君に返して僕は4月になる。春ですね、まだすこし、あおいかな。。 北風と太陽と雲と 夜の空 「一...

Hz

オリジナル
  • ポップス

あの頃の夢に僕はなっているのかな

嫌なことを忘れてしまうほど 永くは生きられないけれど 来た道を振り返れば いくつかの切り取られた記憶...

さよならも言えないで

想像のなかで抱きしめた 君が とても 綺麗だったから さよならも言えないで もう二度と会えない 生き...

僕らそれぞれの輝き方

小さく光る石ころを そっと片手で拾い上げ 帰り道ずっと 眺めてた いつものように歩いてた だけど知ら...

あなたが好き

あなたがいなくて ひとりぼっちだった季節は 寂しいなんて思わなかったのに とうとう僕はぬくもりを知っ...

自己紹介

だから僕 うまれることを
よしとしない ただいきることを 良し としよう

まいどありがとうございます☆彡いつでもらんらん気分
♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
ですです はいはいはい まあまあ そうか そうだね
うん
良かった ね♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦