/

世時

たしかなこと/小田 和正

小田 和正 カバー

このキスを以って

今日もまた届かないと思ってた 理想からほど遠い現実を噛みしめて 妙に卑屈な物言いをしてしまったり 他...

この冬とともに

時間が揺れている さっきまで笑いあったあの子も 帰りの電車のなかで 窓の外に溶けてゆく 粉雪の舞い上...

あの空が青すぎて

偶然よったコンビニで まさか君を見かけるなんて あの時のさよならは嘘じゃない だけど揺らいでしまうこ...

恋愛流星群

オリジナル
  • Jポップ

愛するということ

このまま旅にでたとして いつか還るのはあなたのもと 光に包まれて 世界の片すみの不幸を想う なぜに今...

それでも世界は動き続ける

僕の世界は僕を中心に回る そんな当たり前に気がついた 仕事帰り 好きだけど会えなくなったあのこ どこ...

君の夜

煙草ふかして この夜に思うこと 君はきっともう かえらない さようならとも 言えなかった どうかして...

その昔

オリジナル
  • フォーク

この宇宙の燃える時

その昔 全ては完璧なままで一つだった だけどそのままでは完璧なことがわからない それ故に そいつは二...

雲になる

青草の匂い 土埃の煙たさ 名前すら知らない花々 風になびく気持ち 退屈な日曜日 僕は雲になる 思考す...

夜明けのブレス

チェッカーズ カバー
  • Jポップ

世界で1番め

もう会えないのかな 1番大切なこと 言えてないよ 臆病なつもりはないけど あなたにとってなにが良いこ...

僕は君の名前を呼ぶから君は僕の名前を見つけて

幸せになるのは簡単さ あきらめればいいのさ 何か悪いことでもなし ひとまず今日はお酒飲んで煙草ふかし...

ときめきは風に舞って

こんな静かな夜一つ 捧げるハートの温度は今ひとつ 朝起きて絶望まで三十秒 それまでに一日の予定を立て...

シンガーの友達

シンガーの友達 吸い込まれる歌声 垢抜けたステージング いつまでも聞いていられるって思うけど そろそ...

きみにふれていたい

心の中に一つ思いがふわり浮かんで 大切にしたいのはきみだよって呟く さざめく春の日も 汗ばむ夏の日も...

この愛の歌を君はもう聞かない

コンビニしか開いていない朝早く ふと浮かんだ詩を頭の中で持て余す それでお昼にギター弾きながら メロ...

新しい愛の歌が流れて

もう冬も終わる頃 一人ぼっちにももう慣れて 溶け忘れてる雪に励ましの言葉を かけてみる そういえば去...

永遠へ溶けゆくこの思い

いつのまにか大人になった手のひらを見つめて この旅の終わりに思いを馳せる そして先にいなくなった父に...

憧れの

オリジナル
  • ポップス

明日は明日の

明日は明日の風が吹くって それはそうかもしれないけれど 僕は今日の風を 乗り越えられそうもない 止ま...

きみ、絶望の天使

消えない後悔ばかりが降り積もる夜 生まれてきたことが間違いではないか それとも傷つけるために あるい...

勝手にテレパシー☆

もしも明日僕が ひとりぼっちだったなら 仕事をやめて ご飯も食べず 寝タバコふかして 夢見がちに 口...

自己紹介

だから僕 うまれることを
よしとしない ただいきることを 良し としよう

まいどありがとうございます☆彡いつでもらんらん気分
♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
ですです はいはいはい まあまあ そうか そうだね
うん
良かった ね♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦